友人の結婚式で頼まれた!式場の受付のやり方は?

Q.友人が結婚する事になり、受付をやってくれないかと頼まれました。今まで受付をやったことがないので少し不安です。ご祝儀の管理もしなければいけないようなので、責任も感じています。受付を行う際に特に気をつけた方がよいことや、上手くやるこつのようなものがあれば教えて頂きたいです。

A.責任感のある方のようですね。だからこそご友人が信頼してあなたに受付を任されたのでしょう。受付は両家の顔となる大事な役割です。受付を任されることは光栄なこと。喜んで役割を果たしましょう。おっしゃる通り受付は責任のある役目ですので、当日慌てることのないように事前に受付について知っておきましょう。

前述の通り、受付は招待客が最初に出会う両家の顔です。何よりも笑顔が大切。明るくおめでたい雰囲気を演出する為にも、服装は華やかにすることをお勧めします。女性であればもちろん肌の露出には気をつけなければいけませんが、明るい色の服でドレスアップするのも素敵でしょう。又、受付で招待客の目線によくとまるのが「手」。男性であれば爪はしっかりと切っておくこと、女性であればマニキュアなどできれいに指先まで整えておくことも大切です。

受付の行う仕事としては、招待客を出迎え挨拶、ご祝儀や祝電の受け取り、出席者の確認、芳名帳に記帳してもらうこと、席次表や席札を手渡すこと、などです。又、トイレやクローク、控え室などを案内する案内係の役も兼ねています。通常式開始の30分前に受付が開始されますので、余裕を持ってその15〜30分前には式場に到着していると良いですね。着いたら、芳名帳、筆記用具、出席名簿、席次表、ご祝儀を入れる受盆などがあるか確認します。そして、式全体の時間と流れを確認し、トイレやクローク、控え室、待合室、売店などの場所も案内できるようにしておきます。

出席者の中に、お礼やお車代などを渡す人、取り次ぎが必要な人などがいないか新郎新婦側に確認しましょう。又、遅刻した人がいた場合どうするかも聞いておくと良いでしょう。一番大切なことは、ご祝儀を誰に渡すかを確認しておくことです。ご祝儀は、受盆に積み上げていって、崩れそうになる前に少しずつ紙袋などに入れるようにしますが、常にご祝儀袋から目を離さないようにし、絶対に席を離れないように注意しましょう。一時的に式場の金庫などに預けたりする場合でも、最終的には必ず自分の手で、決められた人に渡すようにしましょう。

残念な事ですがご祝儀泥棒がいるのも事実です。親族や友人になりすまして受付の手伝いを申し出てきたり、式場スタッフのふりをして祝儀袋を預かりますなどと言ってくる場合もあります。通常式場側から金銭を預かると言ってくることはありません。善意で本当に招待客が手伝いを申し出てくれることもありますが、その場合も丁重にお断りし、受付以外の人がご祝儀袋を触る事がないように細心の注意を払う事が重要です。

以上のことを踏まえ、落ち着いて受付に臨みましょう。招待客が来たら立ち上がって一礼し、「おめでとうございます」と挨拶をされたら、両家側に立って「ありがとうございます」と返します。ご祝儀は両手で丁寧に受け取り、出席名簿で名前を確認したら「恐れ入りますがこちらにご記帳をお願い致します」と芳名帳に記入してもらいます。その後「開宴までしばらく控え室でお待ちください」と控え室を手で示してご案内します。受付を始める前には必ずトイレに行っておくようにし、荷物もクロークに預けておきましょう。忘れがちですが、合間を見て自分も芳名帳に記入をし、ご祝儀も出しておくようにしましょう。(岐阜で結婚式をあげるならカワチヤがいいよ!)

slide

結婚式場が神社!知っておきたいマナーは?

神社での結婚式に参列する際は、着物でも洋服でも構いませんが、肌の露出や色目に気をつけましょう。早めに式場に到着して入場から参列しましょう。式への参列の仕方は係の人の案内に従い、新郎新婦側に失礼のないよう行いましょう。

slide

こんな時どうする?結婚式場とのトラブルが起きた場合

結婚式場とのトラブルの多くは金銭関係なので、まずは最初に見積もりの内訳をしっかり確認すると同時に、キャンセル料に関する説明を受けましょう。悪質だと思われる場合には消費者生活センターなどに相談する方法もあります。

slide

納得いく式にする為に知っておこう!結婚式場の費用

結婚式場の費用は通常挙式と披露宴がセットで組み込まれていますが、披露宴の費用が全体を左右します。300万円程が平均的とは言われていますが、見積もりと自分たちの条件をしっかり照らし合わせて予想外の出費を抑えましょう。

slide

なかなか決まらない!結婚式場を選ぶこつは?

結婚式場を選ぶ際は、自分たちの優先したい条件と、専門式場、ホテル、レストラン、ゲストハウスなどの式場の特徴を照らし合わせます。そして実際に式場に下見に行って雰囲気や設備、料理などをチェックすることをおすすめします。